華やかなパーティーで自身を引き立てるオーダータキシード

オーダータキシードで守るべきことや着用シーンを要チェック!

Decide to dundee

スーツと何が違う?タキシードの着こなし方法

主に、パーティー用で着用されるタキシードは、ルールさえ知っておけばパーティーごとにどんなデザインのものを着用すればいいのか把握できます。こちらでは、利用シーンごとにおすすめデザインのオーダータキシードについて見てみましょう。

タキシードの着用シーン

夜のパーティーで着用

タキシードは、別名「ディナージャケット」「夜会服」と呼ばれています。そのため、クラシック音楽のコンサートや夜に開催されるパーティーなど夕方開催イベントでは、堂々とタキシードを着用すると良いでしょう。夜なら、タキシードのデザインはモノクロのカラーでまとめておくのがおすすめです。

昼のパーティーの場合

上記の記述を見る限り、夜限定な印象を抱いてしまうタキシードですが、日中に開かれるパーティーでも着用可能です。その際、若干フォーマルダウンさせてから着用すると良いです。例えば、シャツや蝶ネクタイのカラーを変えるなど、モノクロのデザインで出席すると、周囲から浮いてしまう恐れがあるので、気をつけましょう。

結婚式のゲストで呼ばれた時

結婚式のゲストでも、タキシードの着用はOKです。ただし、新郎よりも目立つデザインは極力避けてください。夕方に開かれる結婚式なら、モノクロ系統のカラーでまとめる、日中に開かれる場合はフォーマルダウンさせたものが望ましいです。結婚式が開催される時間帯に応じて適切なデザインを選びましょう。

逆に着用NGの場面

タキシードは、いわゆる華やかな場面で着用するのが望ましいです。黒い系統のタキシードを持っているからと言って、お通夜・葬儀・法事に着用するのは避けてください。タキシードは、スーツと異なり守るべきことが多めですが、それらを踏まえれば楽に着こなせてしまいます。

自分の体型にぴったりなものを仕立てる

タキシードは、基本的に自身の体型にぴったりのものを選ぶのが基本です。オーダータキシードサロンで、個人個人に適したサイズを仕立ててもらえば、あなた自身の魅力を引き立ててくれます。また、オーダーメイドついでに用意すべきアイテムは何なのでしょうか?

華やかなパーティーで自身を引き立てるオーダータキシード

タキシード

一緒に準備すべきアイテム

オーダータキシードと一緒に準備したいのは、中に着るシャツや蝶ネクタイだけでなく、カフスボタン・エナメルパンプスなど。これらのアイテムには、選ぶポイントがあります。例えば、シャツだとボタンが天然石か白蝶貝のスタッズをあしらったものを選ぶと良いでしょう。シャツ1枚でも、慎重に選ぶ必要があるので、よくわからない場合はサロンスタッフに質問しながら選ぶと良いでしょう。

ベルトは必要なし!

スーツと違い、オーダータキシードはベルトは着用しないケースが多いです。オーダーメイドなので、自身の体型にぴったりに仕立ててもらうからです。体型の変化がない限りは、長く使用できます。なるべく長く愛用したいなら、普段から体型維持に努めると良いでしょう。

体型の変化に気をつける!

タキシードは、基本的に体型の変化に弱めです。仕立ててもらってからウエストが細くなった場合は、サスペンダーを使うと良いです。ウエストが太くなった場合は、サロンに持っていきましょう。多少の出費の引き換えに、体型に合わせて仕立て直してくれます。ただ、注意してもらいたいのが、費用よりも日数です。長いところだと10日前後はかかってしまうので、パーティー開催日に合わせるためにサロンの仕上がり日数を確認しましょう。